2010年04月18日

Joomla1.5+さくらレンタルサーバでフレンドリーURL

Joomla 1.5を使うと、ディレクトリを分けて複数のサイトを管理する事ができる。また、"http://www.foo.bar.com/info"といったユーザーフレンドリーなURLを使う事ができる。これを組み合わせてさくらのレンタルサーバで使うにあたって少し苦労したので、ここに備忘録として記しておく。

・Joomlaの設定
http://foo.domainname.com/としたい場合は、インストール場所は、~/www/fooにする。http://www.domainname.com/としたい場合は、インストール場所は~/www/wwwにする。ただしwwwのみの単一運用であれば、~/wwwにする。
管理画面から、基本設定−サイトに移動する。
SEOの設定で「サーチエンジンフレンドリーURL=はい」「Apache mod_rewriteを利用=はい」「サフィックスをURLに追加=いいえ」二設定する。

・さくらのサーバ側の設定
もし、wwwで始まらないドメインを使いたい場合には、ドメイン設定でドメインを追加する。このドメインは標準のドメインではなく、別途取得したオリジナルドメインである必要がある。さらに、サブドメインの指定も行っておく。
Joomlaをインストールしたディレクトリに存在するhtaccess.txtを.htaccessに変更する
.htaccessの中身について「Options +FollowSymLinks」と「RewriteBase /」のコメントを削除する  
Posted by 中垣健志 at 22:56Comments(1018)TrackBack(0)Joomla

2010年02月14日

Joom!fishで翻訳文書が表示されない

Joom!fishは、サイトを他言語化するに、すばらしいソリューションを提供してくれるが、ちょっと動きが怪しいところがあった。完全に正しいかどうかわからないけれども、実際にあった事をかいておきます。

#1 保存し直したら表示された
Joom!fishで登録した翻訳文が、blogスタイルのページで表示できなかった。翻訳文を消して、もう一度登録し直したら表示された。

#2 アンケートが翻訳されなかった
コンポーネント「アンケート」で作成したアンケートが、メニュー内でだけ選択肢が翻訳されなかった。modules/mod_poll/helper.phpをハックする必要があるらしい。

$query = 'SELECT p.id, p.text' .
' FROM #__poll_data as p' .
' WHERE p.pollid = ' . (int) $id .
' AND p.text <> ""' .
' ORDER BY p.id';

単に、テーブル名のエイリアスを入れただけなんだけど、うまく動いた。
http://forum.joomla.org/viewtopic.php?p=2016608
  
Posted by 中垣健志 at 14:49Comments(934)TrackBack(0)Joomla

2010年01月16日

Joomla1.5サイトを構築する #2

とりあえず日本語化が完了したら、次は見た目を整える。Joomlaはとても使いやすいCMSで、いつでもテンプレートを変更する事が可能だ。だがしかし、色合いの違うテンプレートに差し替えると、思った通りのサイトにはならない。やる気を出すためにも、はじめの段階でテンプレートを最終版に決定するべきだ。

テンプレートは、とりあえず以下のサイトから見つけるのがよい。とにかく数が多いのでだんだん大変になってくるが、根気よく作成するサイトにマッチするものを見つけよう。
http://www.joomla24.com/

気に入ったテンプレートを見つけたら、管理サイトからテンプレートを次の手順でインストールする。管理サイトも日本語化がされている前提でメニューなどは表記している。
1. メニューから「エクステンション - インストール/アンインストール」を選択する。
2. パッケージファイルのアップロードに、ダウンロードしたテンプレートのzipファイルを選択してインストールボタンを押す。あるいは、URLからインストールにテンプレートをダウンロードしたときに使ったURLを指定したインストールボタンを押す(joomla24のサイトは、一番最初に手作業でdownloadを行わないと、zipファイルをダウンロードするためのURLが使えない仕様になっているので注意)。
3. メニューから「エクステンション - テンプレート管理」を選択する。
4. 適用したいテンプレートのラジオボタンを選択して、デフォルトボタン(星形のアイコン)をクリックする。

これでよい。
テンプレート内のタイトル画像などは、サーバ内のファイルを直接置き換える事で差し替え可能だ。しかしサイズを変えるとレイアウトが崩れる事が多いので、元々の画像とサイズは合わせるのが吉である。
  
Posted by 中垣健志 at 16:57Comments(1142)TrackBack(0)Joomla

2010年01月16日

Joomla1.5サイトを構築する #1

Joomlaをインストールして、サンプルデータベースで遊んで、さて空の状態から自分のサイトを作ろうかと思ってはいるが、どこから手を付けてよいのやら迷ってしまった、そんな自分のためのJoomla備忘録。

日本人なら、まずはじめにしなければならない事は、サイトの日本語化ではないだろうか。
これは次のように行う。

1. 管理サイトにログインする。
2. メニューから「Extension - Install/Uninstall」を選択する。
3. 「URLからインストール」の欄に、サイト用と管理サイト用のランゲージパックをそれぞれ選択してInstallボタンを押す
4. メニューから「Extension - Language Manager」を選択する。
5. SiteとAdministratorのそれぞれについて、Japaneseのラジオボタンを選択し、デフォルトボタン(星のアイコン)をクリックする

これで完了。管理サイトが日本語化されるはず。
通常のサイトは、この設定によって日本語化されたかどうかはわからない(ログインモジュールなどを表示すると、日本語化されているのがわかる)

ちなみにランゲージパックは、以下のサイトからダウンロードできる。
Joomla! Accredited Translations Project(http://joomlacode.org/gf/project/jtranslation/)
メニューから「ファイル」を選択して、日本語関係のファイルを探してほしい。Joomla1.5.10の場合は
・ja-JP_Joomla_1.5.15_site.zip
・ja-JP_Joomla_1.5.15_admin.zip
の二つだ。
  
Posted by 中垣健志 at 08:44Comments(537)TrackBack(0)Joomla