2009年05月30日

concrete5

こんな要件を満たすために、CMSツールを探してました。
・CMSサイトそのものは、自分が構築する
・しかしCMSサイトの記事を投稿するのは別の人(つまり管理者じゃない人)
・別の人は、あまりITには詳しくない若者(もっといえば、現役の高校生)
・記事の公開には、別途責任者(=顧問の先生)の許可が必要

検討したのは次のCMS
・SOY CMS
・Movable Type
・Wordpress
・concrete5

SOY CMSは、自分で運営するには構成がシンプル(特にテンプレートがほぼHTMLなところ)が気に入っているのですが、実際にメンテナンスする人にもそれなりの知識が必要そうなのでNG。
Movable Typeは、個人が情報を発信する以外のときはお金がかかりそうなのでNG。
Wordpressは、「CMSで使うこともできますよ」と謳うわりにはそれ用のテンプレートがなく、ずいぶんと構築に手間がかかりそうなのでNG。

というわけでconcrete5がなかなかよさそうなので、採用となりました。良い点としては
・WYSISWYGな編集画面があること→素人にはとっつきやすい。
・CMSの約束事が少ないこと→イコール共通化に関する機能が少ないということですが、そこが却ってよい。
・記事の公開に承認プロセスが踏めること→必須機能なので。

しかし感じたのは、どのツールも導入がかなり考えられているということ。導入がとっつきにくいものは、やはりデファクトスタンダードや大きなシェアを占めるのは難しいということなのでしょう。どのツールも大体5~10個の質問に答えるだけで、最初のサイトが構築できます。これは見習うべきところでしょう。

ちなみに作ったページは、これになる予定です。
http://www.ostmeerphilharmoniker.com/tokai/
  
Posted by 中垣健志 at 23:02Comments(17)TrackBack(0)