2009年10月12日

PILをMac OS 10.5 (Leopard)に入れる

Google App Engineでは、画像処理を行うためのサービスが提供されている。
このサービスをローカルでも使うためには、MacにPILをインストールする必要がある。
http://code.google.com/intl/ja/appengine/docs/python/images/overview.html#Development_Server

このPILをMac OS 10.5に入れるに大変だったので、備忘録として記述。

1. PILのインストール
dmgファイルをダウンロードしてインストールしようとすると、途中でインストーラーが「このディクスにはpythonが入っていない」という警告を出して、次に進めなくなる。これは、dmgの代わりにソースをダウンロードして、コマンドラインからインストールするのがよいようだ。

Finder -> アプリケーション -> ユーティリティ -> ターミナル
$cd (ダウンロードしたtar.gzファイルを展開したディレクトリ。"setup.py"ファイルがあるはず)
$sudo python setup.py install

2. JPEGデコーダーのインストール
PILをインストールしても、JPEG画像を操作しようとすると次のエラーが発生する事がある。
IOError: decoder jpeg not available
このときは、JPEGデコーダーを追加でインストールする。

http://www.ijg.org/
jpegsrc.v7.tar.gzファイルをダウンロードして、展開する
Finder -> アプリケーション -> ユーティリティ -> ターミナル
$cd (展開したディレクトリ。install.txtがあるはず)
./configure
make
make test
sudo make install

このあと、1.をもう一度行う。
そのとき1.のディレクトリにあるbuildディレクトリを削除しておく
sudo rm -fr build
  
Posted by 中垣健志 at 21:43Comments(14)TrackBack(0)GAE

2009年10月12日

djangoテンプレートで日本語が文字化けする

utf-8で保存された文字列をsjisで定義されたdjangoのテンプレートで表示すると、日本語が化けます。
このときは、djangoのカスタムフィルターを用意して、utf-8をsjisに変換します。

[customfilters.py (utf-8 -> sjis変換をするフィルターを定義する)]
from google.appengine.ext import webapp

register = webapp.template.create_template_register()

@register.filter
def sjis(value):
return value.encode('sjis')

[main.py (テンプレートを出力するロジックのあるモジュール)]
webapp.template.register_template_library('customfilters')

[template.html]
{{ myValue|sjis }}


参考
http://kaihatsu.mikagamikobo.com/2009/09/google-app-engine-1.html  
Posted by 中垣健志 at 12:19Comments(29)TrackBack(0)GAE